SNS
スポンサーリンク

Twitterを使って記事の宣伝したいんだけれど、
ブログ記事を埋め込んだツイートはどうやってするのだろう?

プラグインを使えば簡単だよ!

今回は「プラグインを用いて簡単にブログ記事を埋め込んだツイートをする方法について」というテーマでお話を進めていきます。

Twitterを用いて記事を拡散することで、ブログを開設したてのころからある程度のpv数を見込めます。
記事を書いても書いてもpv数が0という事態を脱しれるので、モチベーションアップにもつながります。
積極的にTwitterも併せて運用していきましょう!
この記事はこんな人におすすめ!
・ブログを始めたばかりでpv数0から脱却したい
・ブログ記事をTwitterで拡散したいけどやり方がわからない

ざっくりとした手順はこんな感じです。

  • All in One SEOをダウウンロードする
  • All in One SEOの設定をする
  • Card Validatorで確認する
まずは、プラグインを新規追加するページからAll in One SEOのダウンロードと有効化をしてください。

All in One SEO の設定方法

 

All in One SEO 設定

All in One SEOの機能管理画面からソーシャルメディアをActivateにします。

この画像ではまだActivateされていません。

ActivateされるとボタンがDeactivateボタンに変わるので注意してください。

All in One SEO 設定

ソーシャルメディアからtwitter設定をします。

1.twitterカードの画像の大きさを設定します。

2.twitterサイトにtwitterアカウントの@以降を入力します。

3.投稿者を表示に✅をいれます。

4.twitterドメインのところに自身のブログのhttps://を抜いた部分を入力します。

twitterカードの画像の調整の部分で、要約の大きい画像を選択するとこちらの様に画像の部分が大きいtweetをすることができます。

 

画像が小さいtweetをしたいのならばデフォルトのままで設定すればOKです。

 

Card validator で確認しよう

 

All in One SEO の設定が済んだら設定がうまくいっているのかの確認作業をします。

その際にCard validatorを使用します。

GoogleやYahoo!のような検索エンジンで検索すると出てくるのでそこからtwitterにログインしてください。

 

card validator

Card URL の欄にご自身の記事のURLを入力してみてください。

成功していた場合は写真の右の様にtweetした場合のモデルが出てきます。

成功したら実際にtweetしてみましょう!

 

ブログ記事を実際にtweetしてみよう!

 

tweetした時の画像をWordPressで選択できます。

 

WordPressでtweetしたい記事の下までいくとソーシャル設定ができるようになっているのでそこで設定をしてください。

 

画像設定が終わったらプレビューボタンから記事のページまで行き、設置してあるtwitterボタンを押すと投稿できます。

 

ブログ記事をtwitterで宣伝するとどんなメリットがあるの?

喜び

ブログ記事をTwitterで拡散する最大のメリットは、様々な人に見てもらえるところだと思います。

これはなにもインフルエンサーだけの特権ではありません。

僕自身Twitterでブログ記事をtweetするまでは、なかなかpv数0から脱却できませんでしたが、Twitterを併せて運用することで、0は脱却出来ました。

ここから分かるようにtwitterを有効活用すればpv数を上げるチャンスが増えます。

自分のブログに立ち寄ってもらえば、工夫次第では回遊してもらえる確率もあがるのでtwitterを有効利用したほうがいいと思います。

twitterでブログ記事をtweetする方法のまとめ

 

今回はtwitterでブログ記事を画像付きtweetする方法を見ていきました。

twitterに画像付きでtweetしてみたかった方の手助けになれば幸いです。

twitterを使うことで、ブログを開設したてでも誰かの目に入るチャンスを創出できます。

僕もtwitter経由で見てもらえることがあるのでこれを機にあなたもtwitterの導入をされてはいかがですか?

スポンサーリンク
おすすめの記事