ランニング
スポンサーリンク

最近太ったし、ダイエットしたいんだけど何かいい方法ない?

ひよこ
痩せる方法はいろいろあるから一緒にみていこう!
今回のテーマは「痩せるためにおすすめな方法について」というテーマでお話を進めていきます。
結論を述べると僕は無酸素運動×食事コントロールが最強だと思っています。
理由と共に、実際に僕が大学2年生のころに試して、春から夏にかけてかなり瘦せた方法をご紹介します!
この記事はこんな人におすすめ!
・最近ダイエットを検討している人
・有酸素運動&無酸素運動の効果を知りたい人

まずは、人が痩せるための仕組みについて見ていきましょう。

痩せるためには摂取カロリー消費カロリーの状態になる必要があります。

摂取したカロリーの方が多い状態が続いてしまった場合は、体に脂肪が徐々に蓄積されていきます。

この状態では、痩せるどころか体は肥大化していく一方です。逆も然り。

つまり、痩せるためには摂取カロリー消費カロリーのバランスを取ることが重要であります。

痩せたい人はまず摂取カロリー消費カロリーの状態を目指すことが重要です。

ちなみに1キロやせるために必要な消費カロリー量は約7200キロカロリー必要だと言われています。

目標体重にするためには、食事や運動でどれほどカロリーをカットする必要があるのか、計算しましょう。

 

無酸素運動を1番にオススメする理由

鍛えている人

痩せる方法で僕の1番のおすすめは無酸素運動です。

無酸素運動とは、短距離走やウェイトトレーニングといった短い時間で高負荷を筋肉にかけるような運動を指しています。

筋肉に高負荷をかけていくため繰り返すことで筋肉を大きくしていくことができます。

 

▼筋トレに興味がある方はこちらもご覧ください。

 

無酸素運動の効果!基礎代謝があがるとどうなるのか?

男性

筋肉量が増加すると、基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは人間が生きていく(生命維持する)のに必要な最低限のエネルギー量のことです。

つまり、人間が何もしなくても必要な呼吸や体温調節にかかるエネルギー量のことです。

基礎代謝があがるということは、あなたが何もしていない日でもエネルギー消費量は上がっているため痩せる手助けをしてくれます。

 

無酸素運動のメリット・デメリット

 

僕が体感したメリットデメリットはこんなかんじです。

 

メリット

・筋肉がついて体が引き締まる
・ストレス発散になる
・自信がつく
・時間をあまり割かなくてもよい

デメリット

・服のサイズが合わなくなる可能性がある
・普通にしんどい

服のサイズはやりすぎるとマジでパツパツになるか買い替えるしかなくなるので気を付けてほしいです。(笑)

 

有酸素運動の効果は?無酸素運動の方がいい?

長時間にわたって筋肉に弱い負荷をかけ続けるような運動、つまり、ジョギングやウォーキングなどの運動が有酸素運動に属します。

無酸素運動には有酸素運動と大きく異なり筋肉量を大幅に増加させるような運動ではないことです。

つまり、無酸素運動のように代謝がアップしたから何もしていない日でも昔より消費量が増えたかと言えばそうでもないです。

無酸素運動はやったらやった分だけ消費されるといったかんじです。

そのため、如何にして有酸素運動に取り組む時間を確保するかが重要になると思います。

メリット

・筋肉がつきすぎない

デメリット

・時間が取れないと厳しい

▼有酸素運動にジョギングやランニングを取り入れる方はこちらもご覧ください。

痩せるためには食事のコントロールも必要?

結論から言うと食事のコントロールはした方が効率的だと思います。

どれだけ運動したとしても、おやつにポテチ食べてコーラ飲んでを毎日したり、深夜におなか減ったからラーメン食べたりしていたら痩せるのは厳しいからです。

間食は辞める、夜中に何か食べたりするのを辞めるだけでも1日の摂取カロリーは下げることができます。

ただ、ここでNGなのは体にとって必要なものまで食べなくなることです。

必要な食事をとらなくなってしまうと、人間は体の維持のために筋肉から栄養を取ろうとするために筋肉が落ちてしまう可能性があります。

ここで食事を一気にとると、基礎代謝が下がっているのでかなり太ってしまいます。

よく無理な食事制限の後に以前よりもかなり太ってしまう人がいるのはこれが原因です。

 

痩せるための効率的な方法のまとめ

無酸素運動がオススメと言いましたが、自分がなぜ運動するのかといった目的を最初に考えてみてください。

無酸素運動にするのか有酸素運動にするのかはメリット・デメリットや効果についても紹介したのでそれを参考になりたい自分に向けてどちらを選ぶべきなのかの検討をしてみてください。

また、どちらを選んだにせよ、食事のコントロールも同時にするのが一番痩せやすいのではないかなと思います。

余談ですが僕は有酸素運動にめちゃくちゃ取り組んでいた時は、食事にあまり気にしていなくてあまり痩せませんでした。

しかし、無酸素運動である筋トレ×食事コントロールでは普通に友達やバイト先の人にもきずかれるレベルで痩せました。

有酸素運動と無酸素運動の違いはありますが、食事のコントロールをしたことが痩せたのに少なからず影響を与えたと思っています。

運動×食事コントロールこれが最強の方法だと思います。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事