仮想通貨

バイナンスでBTCのステーキングをやってみた結果!

2022年6月13日からバイナンスでBTCのステーキングを開始しました!

 

今回は、約1週間で獲得した収益を公開します。

この記事はこんな人にオススメ!

  • ステーキングに興味がある人
  • ガチホしている仮想通貨を増やしたい人

 

※あくまでも投資は自己責任でお願いします。

 

ステーキングとは??

 

ステーキングについて、bitFlyerの公式ページに分かりやすく解説されていたので紹介します!

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みです。

これまで仮想通貨では、価格が安い時に仮想通貨を購入し価格が上がったときに売却することによって得られる売買差益を目的とした取引が一般的でした。一方で、ステーキングでは、対象の仮想通貨を保有することで継続的に報酬を得ることができます。

bitFlyerより引用

 

とあるように、仮想通貨の売買だけではなく、保有することでも利益を得られるような仕組みを指します!

 

BTCステーキングを実際にやってみた結果

  • ステーキング前のBTC保有量(2022年6月13日):0.03059507BTC
  • ステーキング後のBTC保有量(2022年6月19日):0.03060659BTC

 

約1週間で、0.00001152BTC増やすことができました。

 

日本円換算すると、約76,487円をステーキングして、6日間で28.8円の増加です。

 

単純計算すると、1年では1,728円になるペースです。

(あくまで単純計算しただけなので、参考程度に。)

 

ただ保有しているだけでは、BTCを増やすことはできないので、ありがたいです。

 

ステーキングのやり方

バイナンスにまだ登録してない人は、先にバイナンスの登録が必要です!

 

バイナンス公式ホームページはこちら!!

 

また、今回は、バイナンスに既にBTCを保有している前提で話を進めていきます。

step
1
「稼ぐ」をクリック

ステーキングのやり方①

step
2
BTCを選択する

ステーキングのやり方②

step
3
DeFiステーキングをクリック

ステーキングのやり方③

DeFiステーキングでは、0.01BTCまでしか、ステーキング出来ません。なので、0.01BTC以上保有している人は、DeFi・フレキシブルの両方使うと、より効率的にステーキングできます!

step
4
最大をクリック

そのあとページ下部にある登録を押すとステーキング完了です。

(フレキシブルステーキングもやり方は一緒なので、割愛します。)

DeFiステーキングでは、60日間預けた資産がロックされてしまうので注意が必要です

※フレキシブルステーキングでも、出金までに1日ほどタイムラグがあるので注意してください

ステーキングを利用してみた感想とメリットとデメリット

 

ここでは、実際にステーキングを利用してみた、メリットとデメリットを紹介します。

 

正直なところ、メリットしか現状は感じていませんが、デメリットになり得る部分を伝えないわけにはいかないので、書きました。((笑))

 

BTCのステーキングは、BTCの未来を信じてガチホしている人にはかなりオススメだと思います。

 

メリット①:ガチホ中にも稼げる

 

基本的にBTCをガチホしている人は、BTCの未来を信じて現在よりも、もっと価値が高くなると考えている人だと思います。

 

ガチホしているだけでは、基本的に追加でBTCを購入しないと、保有量は増やせません。

 

しかし、ステーキングをすれば、ガチホ中でもBTCの保有量を増やしていけるのが最大のメリットだと僕は思っています。

 

メリット②:最初の設定だけであとはほったらかしでOK

 

最初に設定さえしてしまえば、あとは自分で何かしなくても勝手に配当がもらえます。

 

こう言うと少し怪しく聞こえますが、あとは毎日喜びをかみしめるくらいなので、面倒くさい管理をする必要が無くてgoodです。

 

メリット③:定期登録を自動化できるので、複利運用ができる

 

ちょっと何言っているかわからないですね((笑))

ステーキングの設定をする際に自動更新にしておくと、受け取った配当についても自動でステーキングに回してくれるので、かなり便利です。

 

 

デメリット①:BTCをすぐに売れなくなる

先ほど、DeFiステーキングでは、60日ほどBTCがロックされてしまいます。

また、フレキシブルステーキングの場合でも、BTCを売ってすぐさま現金にしようとしても、タイムラグが生じます。

 

フレキシブルステーキングをやめて、自身のウォレットにBTCを引き出そうとしても、1日はかかるので、すぐに換金できなくなるのがデメリットになります。

 

デメリット②:BTCが盗まれる可能性がある

 

これはもう、利用者ではどうしようもありませんが、バイナンスがハッキングされた場合は、預けたBTCが盗まれてしまう可能性はあります。

 

ですが、これを気にしすぎてもしょうがないので、僕はあまり気にしなくてもいいデメリットだと思います。

 

デメリット③:BTCの暴落可能性

 

BTCが大暴落したとすると、ステーキングしても、あまり稼げないどころか、ステーキング中は損切までも時間がかかってしまいます。

 

一定額を下回ったら損切りしようと考えている人は、予想以上に損失が出てしまった・・・となる可能性があります。

 

まとめ

 

BTCは暴落しても保有し続ける、むしろ買いましてく位の勢いのある人にとっては、ドンドン保有量を増やせるので、利用するメリットがあると思います。

 

反対に、短期的なトレードをしている人・損切りラインがある人にはオススメ出来ません。

 

繰り返しになりますが、投資はあくまでも自己責任でするようにしましょう!

必ず余剰資金で行ってください!

-仮想通貨